TENAの4つの貢献


TENAを用いたコンチネンスケアで改善する4つの分野


ご利用者の尊厳を守り、安全で快適な生活リズム

  • 睡眠の質の向上、生活リズムの安定
  • 自立排泄の可能性が高まる、失禁関連皮膚炎リスクの抑制
  • 在宅介護における不安や負担感の軽減

スタッフの皆さまの業務最適化とケアの質の向上

  • オムツ交換回数の適正化、継続可能な業務ルーティンの確立
  • 失禁や周辺領域に関する知識・情報のアップデート
  • アセスメント力の向上、専門性の発揮

財務の視点(トータルコストの効率性と効果性)

  • 組織活性、コミュニケーション活性
  • 資源(人材・時間・物品コスト)の有効活用
  • 廃棄量の低減

社会や環境への貢献

  • 施設や病院の理念・看介護観に基づいた現場実践
  • 地域・多職種間における情報連携の充実