あなたの居住国は<country>のようです

お住まいの地域の情報については、TENAマーケットサイトにアクセスしてください。

腹圧性尿失禁について


腹圧性尿失禁は、笑ったり、くしゃみや咳など、腹圧がかかったときに尿もれが起きる状態をいいます。

1600x500_stressincontinence.jpg


腹圧性尿失禁は、尿路や膀胱を支える筋肉が正しく機能しない場合に起こるものです。骨盤底筋が緩くなったり、尿道括約筋の働きが弱くなったりすることが原因です。 
 
女性に最も多いのが腹圧性尿失禁です。

腹圧性失禁の原因

骨盤底筋とは、子宮や膀胱などの内臓を支える骨盤の底にある ハンモック状の筋肉です。骨盤底の「板」の部分が損傷を受けると、筋肉が尿道を支える力が弱くなるため、スポーツをしたり、ちょっと咳をしたりして力が入ると、少しのもれが生じることがあります。
 
腹圧性尿失禁の原因には、出産や加齢、肥満などがあります。骨盤底筋体操や肥満の解消などにより改善することが多くあります。
 
男性も腹圧性尿失禁を患うことがありますが、めったにみられません。ほとんどの場合は、前立腺を除去した後の術後合併症によるものです。男性の方には、別の種類の失禁が起こりやすい傾向があります。