あなたの居住国は<country>のようです

お住まいの地域の情報については、TENAマーケットサイトにアクセスしてください。

過活動性膀胱について


過活動膀胱(OAB)は、尿意切迫感を伴い、頻尿やトイレに間に合わずに漏れてしまうなどの症状を示す病院です。失禁があるかどうかに関わらず、頻繁な尿意切迫感があるかどうかです。

1600x500_overactivebladder.jpg


過活動膀胱は、日中の頻尿だけでなく、夜間頻尿が起こることもあります。なお、膀胱は1日に4〜8回排尿し、空になるのが正常な状態です。 


過活動膀胱の原因について

過活動膀胱の症状の程度は、尿意切迫感をたまに感じるレベルからかなり頻繁に感じるレベルまで様々です。原因もさまざまではっきりしないこともありますが、尿道の詰まりは原因の一つです。

膀胱への刺激

膀胱が刺激されると、尿意切迫感を感じることがあります。その原因の1つに尿路感染があります。これは、細菌が膀胱の内側の粘膜を刺激している状態です。コーヒーや栄養ドリンクなど、一部の飲み物には刺激を引き起こす物質が含まれています。膀胱結石も原因の1つになることがあります。 
 
ほかにも、外側から膀胱に刺激を引き起こして尿意切迫感をもたらす要因がいくつもあります。便秘や一部の婦人科疾患(子宮脱や卵巣の腫瘍など)が膀胱を外側から刺激して、尿意切迫感を引き起こすことがあります。

生活習慣などの要因

水分を摂りすぎると尿量が多くなります(多尿)。膀胱がすぐにいっぱいになるため、頻繁に尿意をもたらしてトイレに行く回数が増えます。スープなどの食事、果物や野菜は水分が多いので、尿量も多くなります。
 
これ以外に尿の量が増える原因として、糖尿病のため血糖をうまくコントロールできないことがあります。血糖値が高いと(高血糖)、喉が渇いて尿の量が増えることがあります(多尿)。