講演者へのインタビュー 平井さよこ先生

プロフィール

現職:愛知県立看護大学 教授

専門領域は看護管理学。
看護現場の実践的看護管理のあり方を志向し、現場に役立つ看護管理とは何かを研究の主要テーマとしている。
例:人的資源管理、看護必要度、クリニカルラダー、看護継続教育、看護専門職とキャリア開発など

<学会活動・社会活動>

  • 愛知県立病院看護職員合同研修検討会
  • 愛知県看護協会認定看護管理者教育課程教育委員長
  • 愛知県立医療事故対策部会委員
  • 日本看護協会出版会セミナー研修
  • 愛知県看護協会認定看護管理者研修
  • 日本看護管理学会査読委員
  • 日本看護管理学会評議委員
  • 日本看護学会査読委員

<著書>

  • 看護職のキャリア開発 -変革期のヒューマンリソースマネージメント-
  • 目標管理導入成功の方策 -強い看護部づくりの決め手-
  • 情報社会の人と労働
  • 最新看護管理用語事典
  • 看護部門BSC導入・運用実践事例

Q:現在の主な活動についてお教えください。

愛知県立看護大学で看護管理学の教授をしています。学部生には看護管理の基本を講義と実習から、大学院では認定看護管理者の大学院バージョン教育を「人的資源活用」「質の保証」「財務管理」の視点を核に講義と実習を展開し、看護管理実践や政策提言、研究ができる人材育成に努めています。研究コースでは看護管理をエビデンスに基づき実践できる研究能力を身につける教育を行っています。

Q:先生が仕事を行う上で大切にしていることをお教えください。(モットーやビジョンなど)

実践に役立つ学問、看護の質向上に役立つ学問として看護管理学は必要だ!

Q:参加者の看護部長様へメッセージをお願いします。

これからは看護部長が病院経営者として活躍していただく自信を持っていただきたい。看護部が強くなることで病院は強くなり、病院は一丸となって変化する時代となりつつあります。また、孤軍奮闘ではなく「連携」のなかで組織は成長できると考えます。私は教育機関で多くの学生たちと(ほとんどが看護管理者たち)紡いできた知識を、今回はエールとして皆様にお送りするつもりです。