便失禁

便失禁は、排便を制御する力が失われ、便が不随意的に排出されることです。便を腸内に止め、禁制を維持するには、直腸、肛門および神経系が正しく機能する必要があります。

その特徴としてガスが出るときに便が漏れたり、排便を全く制御できなくなります。

一般的な原因

  • 便秘 ― 肛門や腸の機能を低下させます
  • 直腸内の宿便
  • 重症の下痢
  • 肛門括約筋の損傷
  • 神経や他の筋肉の損傷
  • 婦人科、前立腺、直腸の手術
  • 便秘薬の慢性的な乱用

<代替的治療>

①ライフスタイル

食生活の改善が役立ちます。アルコールやカフェインの摂取を減らしたり、便の量を増すために食物繊維を多く摂取します。

②排便コントロール

排便コントロールにより、筋肉の調子が改善されます。

③医療用具

  • 失禁パッド
  • 薬物治療 例えば下痢を抑え、失禁を解消する効果もあるロペラミド(Imodium)
  • 原因が明確な場合はそれを修正するための外科的治療