失禁のタイプと原因

失禁とは国際禁制学会(ICS:International Continence Society)では「不随意、あるいは無意識な漏れが衛生的、社会的に問題になり、それが客観的に認められるもの」と定義されています。失禁の原因には、先天性疾患・手術の後遺症・神経損傷・感染・加齢・出産などの原因で起こる症状です。

 

失禁にはあらゆるタイプの失禁があり、そのタイプにより治療やケアが異なります。ここでは「あらゆるタイプの」という言葉が鍵になります。尿失禁には複数のタイプがありますが、便失禁も考慮すべき因子です。失禁の原因とタイプ ― あるいはその組み合わせ ― は患者様一人一人によって異なります。

下記は、女性および男性の失禁のタイプと原因を示したものです。その目的は、皆様とその患者様に情報に基づく治療の選択をしてもらうことです。